ミネラル

胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食事内容の欧米化や喫煙・アルコール類・肥満等のライフスタイルの乱れ、ストレス等によって、現在日本人に増加しているという疾患だということができます。
亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関係している様々な酵素や、細胞や組織の活動に深く関わる酵素など、200種類以上存在する酵素を構築する物質として絶対に外せないミネラルだといわれています。
通常ならば骨折はしない位の僅かな力でも、骨の限られた所に何度も途切れることなくかかってしまうことで、骨折へとつながることがあるので注意が必要です。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの研究結果によって、注射の予防効果を予想できるのは、注射した2週間後からおよそ5カ月間程度だろうと言われています。
高熱が特徴のインフルエンザに適応する効果的な予防法や治療方針といった必須とされる対処策は、それが例え季節性インフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでも一緒なのです。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは輪状、すなわち円い形をした赤みを帯びた発疹や鱗屑など、皮ふ疾患の総称であり、誘因は正に様々だといえます。
アミノ酸のひとつグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を落としたり突然変異をもたらす人体に害のある物質を体の中で解毒し、肝臓の役割を強化するような役目が認識されています。
現在の病院の手術室には、御手洗いや器械室(apparatus room )、手術準備室(operating preparation room)を作り、手術中に撮影するためのX線装置を用意するか、付近にレントゲン撮影のための専門室を設置するのが常識だ。
緊張型頭痛とは肩こりや首のこりから来る最も一般的な頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「重くてたまらないような頭痛」と表現されることが多いようです。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの類であるスルフォラファンというブロッコリーに含まれる物質が、肝臓が持つ解毒酵素のスムーズな生成活動を促しているのではないかという事実関係が明らかになってきました。
明るくない所では光量不足によって見えづらくなりますが、さらに瞳孔が開くので、眼球の水晶体のピントを合わせるのに不必要なエネルギーが消費されてしまい、結果的に日の差す所でモノを眺めるより疲れやすいです。
食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒の強力な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と毒の薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができるのです。
ほぼ100%に近い割合で水虫イコール足、中でも足の裏にできる皮膚病だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足だけに留まらないので、体中どこにでもかかってしまう恐れがあります。
自転車の転倒事故や建築現場での転落事故など、非常に大きな力がかかった場合は、複数の地点に骨折がもたらされたり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、酷い場合は内臓が損傷してしまうこともままあります。
男性だけにある前立腺という臓器はその生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)が非常に大きく関係していて、前立腺に発生してしまったガンも同じく、アンドロゲンの機能によって肥大化してしまうのです。